読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんか好きなものについて、ちょっと書いてみよう

本、マンガ、映画、舞台、美術館、旅行。なんでも好きです。好きだなーと思ったものについて、書いて留めようと思います。

『3月のライオン』大友啓史

原作の漫画が大好きなので、見に行った。
正直に言って、後編見るまでは何とも評価できないなー。
元々原作もそうだからしょうがないのだけど、家族の話と零自身の話、二階堂との話が混じり合って、最終的なポイントがよくわからなくなってる。
ラストシーン、渋すぎるでしょ。
好きだけどさ。
原作でもなんとなく中途半端になっている香子との関係に後編では決着がつくのだろうか?
予告の段階で原作にはないシーンがあったので期待はできそう。
あと、コメディパートが減ってヒューマンドラマの比重が増えたのは映画としては正しいんだろうけど、原作ファンとしてはちょっと悲しい。

川本家でのかけあいとか、学校でのほのぼの話とかがなくて…。

役者の演技は良い。
桐山くんの神木隆之介は流石。
なんの違和感もなく、あのややこしい役をやっているのはすごいと思う。
誰よりも佐々木蔵之介の島田さんが漫画のまんまで非常に良い。
ただ、原作でのせきばらいでの声かけが謎のテレパシーに変わっていたのは残念。
二階堂は原作とは少しキャラが変わっていて残念。
年相応のキャラクターとして、映画のほうが自然なのかもしれないけど原作の二階堂が好きなので個人的にはマイナスポイント。
それでも、「一編の冒険小説のようだった」のモノローグは大好きなので残っていてよかった。
高橋一生の先生もいい味出してるけど、漫画とはちょっとキャラが違うかな。
まあ、そもそも学校での生活にあまり焦点があたっていないからそれはしょうがないのかな。
地味に子供時代の香子をやっていた子役の子が演技うまかったと思うんだけど、どうだろう?