読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんか好きなものについて、ちょっと書いてみよう

本、マンガ、映画、舞台、美術館、旅行。なんでも好きです。好きだなーと思ったものについて、書いて留めようと思います。

『スター・ウォーズ ローグ・ワン』ギャレス・エドワーズ

様々な思惑が巡る序盤から、多数の人が命を賭して希望を繋ごうとする終盤まで終始最高に面白かった。興奮の震えが収まらない。

俺の大好きなチームものなんですよね、これ。
大量破壊兵器の設計者の娘、反乱軍の幹部、改造された帝国のドロイド、帝国を裏切ったパイロット、そして、立ち寄った星でたまたま助けられた戦士2人。
設計者の娘ジンは父親を探して自由を手に入れるのが目的、というか反乱軍に保護されるまでは目的などなくただ生きていればよいという思想だった。
対して反乱軍の幹部キャシアンはジンと同行して父親を探すのかと思わせておいて、実際は設計者である彼を暗殺するのが目的。
(この辺りの反乱軍の暗部が描かれているのがローグ・ワンの大きな特徴。)
そんなペアだから中盤までは信頼しあうような間柄にはならない。
他のメンバーもなんだか統一感のない、寄せ集め感が強い連中。
でも、当たり前だけど最後には一つの目的のために団結するんだよね。しかも、周囲も大きく巻き込んで。そのカタルシスが本当にヤバい。

(こっから激しくネタバレ)

そして、彼らは1人残らずこの戦いで命を落とす。その死に様がまたかっこいいんだわ、全員。
どこか情けなかったパイロットの最後とか、めちゃくちゃ強かった守護者たちの最後とか……。
そしてメインの2人の最後は言うまでもなく。
「新たなる希望」に繋ぐための死に様の美しさに心底感動しました。

アクションも満載で、ジェダイがいない分あくまで弱者でありながらチアルートもベイズも戦い方にキャラがたっていてくそかっこいい。
これゲームになったらめっちゃ楽しいんだろうな。
でも、戦争ものと思ってみると玉砕覚悟の彼らの戦いが切ないし怖い…。

暗い部分もありつつ、最高にかっこいい戦いが見れる非常によい映画でした。