読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんか好きなものについて、ちょっと書いてみよう

本、マンガ、映画、舞台、美術館、旅行。なんでも好きです。好きだなーと思ったものについて、書いて留めようと思います。

『ミス・サイゴン:25周年記念公演inロンドン』

25周年記念公演のライブ・ビューイング。

見に行って本当に良かった。歌にも演技にも感動した。一方で前に見たときには受け止めきれなかったこの作品の社会的意味も少し考えてしまった。

 

【感想】
キム役のエバ・ノブルザダの演技と歌が素晴らしくて何度も泣きそうになってしまった。無垢な少女だった序盤から、母親になった強さまで細かな表情まで見れるのがライブ・ビューイングの良さだね。
最初に東宝で見たときは全然ストーリーというか、端の役のことを理解できてなかったんだなと今更ながら思う。
ジジやエレンのこととかあまり印象に残ってなかったもんな……。
そういう意味で映画館で見ると焦点を合わせやすいから、舞台だけでなくこういうので見るのもあり。
あとなジジ役のレイシェル・アン・ゴーとエンジニア役のジョン・ジョン・ブリオネスの2人が魅力的なパフォーマーで印象に残った。
あ、個人的には好きじゃなかったのは字幕。日本語版の歌詞をそのまま字幕にしているから、日本版ファンの人はすっと入りやすく嬉しいのだろうけど、英語を聞き取り理解しようとすると逆に字幕の情報量が少なすぎて混乱する。
これは好みなのかもしれないけど、俺は英語の歌に合わせた字幕をきちんとつけてほしい。

 

スペシャル・フィナーレ】
スペシャルフィナーレも、サロンガの登場からゴーとのデュエット、新旧キムとクリスのカルテット、ジョナサン・プライスのアメリカンドリームと盛りだくさんで映画館というのを忘れて声をあげそうになってしまった。
サロンガは非常にチャーミング。プライスもユーモアを交えてアメリカンドリームを歌って、所々で今回のエンジニアであるブリオネスを絡んでるのがかわいい。なんなんだあの色気たっぷりのおじいちゃんww
新キャストからしたら伝説のような彼らと同じステージで歌えることはどれほどの感動だったのだろう。
こっちまで嬉しくなっちゃったよ。
ただ、もうちょっとノブルザダもフィーチャーして欲しかった笑

完全にサロンガのターンだったもんね。

 

ミス・サイゴンについて思うこと】
結局この作品って、クリス(もう少し広くとるとアメリカ男性)を許せるかどうかで感想が変わってしまう。
素直に作品だけを受け止めるとキムが不憫すぎて救いがなさすぎる。クリスが非道って感想になっちゃう。
けど、ベトナム戦争を終えたアメリカ兵は国内でも責められ、戦争のトラウマでPTSDになった兵たちも多いと聞く。その辺りのクリスの苦しみが薄くしか描かれていないから、そこを無視されがち。そういう意味でクリスに寄り添える考え方もあると思う。
また、そこを踏まえた上でクリスやアメリカを許せないという感想もありだと思う。やっぱり、ブイドイの扱いは俺も疑問が残るし、白人に都合のよい描かれ方だと思うこともある。
結局クリス寄りの見方をするのは、アメリカや男性よりの見方にとらわれているからではないかという気もしてしまう。
モヤモヤする。