読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんか好きなものについて、ちょっと書いてみよう

本、マンガ、映画、舞台、美術館、旅行。なんでも好きです。好きだなーと思ったものについて、書いて留めようと思います。

『メタル・マクベス』劇団☆新感線

舞台

DVDで鑑賞。
疲れてるのもあって200分オーバーの芝居をテレビ画面で見るのは辛い…。正直後半は集中力飛んでた。
松たか子さんの演技力はすごいなーと改めて思う。ぶっとんだ演技もしっとりした演技もうまい。ここぞというところでどアップにしてくれるカメラさんも見事。クライマックスでの涙は舞台だと中々見れないよなー。あと、ラストの狂気の笑顔も見事。素晴らしい役者さんです。
マクダフって今まで見た他の公演だとそこまで魅力を感じなかったのだけど、やっぱりマクベスにトドメをさす大事な役だよね。北村有起哉さんがめっちゃかっこよかった。これからはもうちょっと注目して見ます。今までごめんなさい。
森山未來が演技、ダンスともにうまい。ダンカンの息子もそんなに着目してたキャラじゃないので、意外でした。
やっぱ役者の力は偉大だなー。

話はマクベスを未来の話に変え、さらに80年代のメタルバンドの話に絡めて、大量破壊兵器まで出してドンチャンする感じだったのだけど、正直何がしたかったのだろう…?という感じも拭いきれず……。
バンドの話が未来のマクベス(ランダムスター)の夢とリンクして狂気を演出するのは面白いっちゃ面白いんだけど、なんかやたら長くなって疲れた……。マクベス夫人に名前をつけてラスト呼ばせるくらいしか効果なかったのでは?結局ゲリラライブってどうなったの?って感じだし。もう一回見たら感想変わるのだろうけど、長すぎるので次見る時があるのかどうか…。