読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんか好きなものについて、ちょっと書いてみよう

本、マンガ、映画、舞台、美術館、旅行。なんでも好きです。好きだなーと思ったものについて、書いて留めようと思います。

『竜のかわいい七つの子』九井諒子

ダンジョン飯』の作者の短編集。全部ファンタジーなんだけど、一つ一つ個性があっていい感じ。
以下一つ一つの感想。

①竜の小塔
二つの国の戦争の話。キノの旅ちっく。
まあ、落ちは予想通り。

②人魚禁漁区
人魚が当たり前にいる世界観の話。世界と人魚の存在の作り方がうまくて、面白い。最後はちょいショックだったけど、よくできた話。

③わたしのかみさま
これもよくあると言えばよくある設定。
両親がめちゃくちゃいい人なのが斬新。

④狼は嘘をつかない
これが一番好き。
自分を抑えられず、軽い狼人間化してしまう男子の話。
始まり方が意外だったし、キャラクターがいいよね。みんないい人で救いのある話が好きだわ。

⑤金なし白祿
これも好き。
いろんな墨絵風の動物がでてくるのが楽しいし、ラストも予想してなかったからじんわりきた。

⑥子がかわいいと竜は鳴く
女性が本性を出してから、いろいろと複雑な心情の変化があって面白い。何回か読み返したい。

⑦犬谷家の人々
パジャマを作る超能力に笑う。最後のセリフが好き。