読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんか好きなものについて、ちょっと書いてみよう

本、マンガ、映画、舞台、美術館、旅行。なんでも好きです。好きだなーと思ったものについて、書いて留めようと思います。

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』デビット・イェイツ

ハリウッドの文脈に正しく乗せたハリー・ポッター世界。
つまらなくはないけど、感動するほど面白いかと言えば微妙。

どの辺が微妙かまとめてみた。
【プロットが微妙】
町を巻き込む大きな事件、主人公はちょっとしたミスと勘違いで権力に追われる。結局敵の黒幕は権力のナンバーツーくらいのポジションで、最終的に解決した主人公は無罪放免。
なんつーか、どこか他の映画で見たようなテンプレートをずっと辿らされた気分。
せっかく魔法生物っていう面白いテーマがあるんだから、もっといろんなところに行って、冒険してくれればいいのに。
どの辺か「魔法使いの旅」なんだよ。
(これは邦訳が悪いだけだけど)
ベタな話は嫌いじゃないけど、これは何から何まで話が読めすぎた。

あと、利用されてた子どもに救いなさすぎない?
集中砲火で普通に消えちゃうってどうなの?
呪文大好きなので、ラストの戦いでほぼ呪文がなかったのも残念。
エクスペリアームズとか、ステューピファイとかもっと聞きたかった。

【キャラクターが微妙】
ジェイコブというマグル(アメリカだとノー・マジというらしい)のキャラクターが非常にいい味を出してるのだが、彼の寛容さ異常じゃない?
意味のわからない魔法生物に襲われて毒までくらったのに、美人に介抱されて面白そうな魔法生物見せられただけで、あっさり友達になってんじゃねーよ。
もうちょっとなんかあるだろ。
その辺ちゃんとしたほうがラストがもっと良かったのでは……。
キャラは良かったのだけど、ニュートとの関係性の積み上げをもう少し丁寧にしてほしかった…。

 

なんか勢いで気に食わなかったとこばかり書いたけど、トランクの中にたくさんの魔法生物がいる世界観とか、色んな魔法生物を捕まえようとするところとかは普通に面白かった。
むしろそれメインでやってほしかったよ。
あと、どもりがちなニュートが魔法生物のことになるとちょっと饒舌になるとことか好き。

そんな感じで(過去のハリー・ポッター作品と比べて)一つの映画としてよくまとまってて良いけれど、突出していいところがあるわけでもないそんな映画でした。

『天然素材でいこう』麻生みこと

最近、恥ずかしながら、麻生みことの描く女キャラがお気に入り(笑)
今回は大分初期の作品の上、 読み切りから始まったらしいから、キャラがブレブレで、描きわけも微妙で絵を見ただけでは誰が誰だか分からん、というなんとも荒削りな作品。
でも、学校ものって好きだからついつい読んじゃうんだよね。
個人的には北大路さんが好き。
頭良くて、頼りになって、自立してるのに一途ってヤバい。
主人公の二美も嫌いじゃないけど、なんかキャラがブレてる気がして不思議な感じ。

ラストは納得いかねーなー。
「結局千津かよ‼︎‼︎」って気がしちゃうし、最後まで気持ち良く幸せなみんなが見たかったし。
高雄氏に対する「何を今更感」が止まらない。
あ、北大路さんが報われたのは心底うれしいっす(笑)
いや、でも今後も苦労するんだろうな〜。

『コンビニ人間』村田沙耶香

面白い。

【解説】
他の人に共感するという当たり前の能力が欠如している女性が主人公。
死ぬことが怖い、友だちと一緒にいるのが楽しい、人に嫌われると悲しい。そんな当たり前の感情が生まれつき持てない女性、古倉恵子。
彼女は小学生の頃から周囲の人におかしいと思われ続け、家族からも「治って」欲しいと願われて生き続けてきた。
そんな願いもむなしく、その性質のまま他人に迷惑をかけないよう、かけられないように生きてきた古倉さんは大人になりコンビニで働きだす。
全てがマニュアルで決められ、ルールに基づいて物事が動くコンビニは古倉さんにとって安息の地であった。
そんな古倉さんの視点から、コンビニ店員たちや家族が描かれる現代小説。

【感想】
予想以上に面白かった。
共感能力のない人、(言葉が正しくないかもしれないが)サイコパスが犯罪者になる小説はいっぱいあって正直大嫌いです。人間には闇や危険思想があるなんて当たり前だし、ことさらにそれだけを強調して不安感を煽るようで好きになれない。
そんな中で、『コンビニ人間』はある種の精神障がい者が誰にも迷惑をかけず、社会の中にいて、その中からどのように社会を見ているのかを非常に上手く書いている。
主人公の古倉さんと対になる白羽さんという人も中々秀逸で、かなり極端だが今の社会の一面を正しく語っている。
社会が求めるものを意識しすぎて、劣等感でいっぱいの白羽さんと社会の求めるものをとんと理解できない古倉さん。
この二人のやりとりは決して愉快ではなく、白羽さんのキャラクターなんかはむしろ不愉快なのだが、どこか自分が感じていることに通じるところもあって読むのを止められなかった。
人が幸せと思うことをなぜ自分も幸せと思わなければならないのか。自分は自分らしく誰にも迷惑をかけずに生きていちゃいけないのか。
古倉さんほど極端ではないが、自分もそう感じることはある。
社会が求める人物像というものがあって、そこからはみ出している者は迫害か中傷をされる。
白羽さんほど破綻してないつもりだが、似たような理不尽を感じる自分が時々いる。
もちろん、コンビニの店長や妹のように他人を自分の理解しやすい姿に当てはめたがる自分もいる。

自分が社会に正しく属しているか、揺さぶられた気がした。


読み終わった直後はなんとなく物足りない気がしたが、たぶん古倉さんの価値観からもっといろんな社会を見たかっただけで、ラスト自体にはなんの文句もない。
読んでいて一切暖かい気持ちにも熱い気持ちにもならないのに、面白い小説は久しぶりに読んだ。

「TOKYO ART CITY」ヒカリエ

渋谷で1時間ほど時間が空いてたので覗いてみた。

(渋谷で時間が空いた時はとりあえずヒカリエの8階に行くのがオススメ。だいたい無料でギャラリーが見れる。これは9階だから有料だったが)

 

2012年に話題になった東京駅でのプロジェクションマッピングを巨大模型で再現した展示が目玉。

他にも都庁や空港など東京のランドマークたちが立ち並び、音楽とともに美しく彩られる。

ぼんやり見るだけでも非常に楽しめる企画展。

おそらく、映像は2パターンあるのかな?どちらも見たほうがいいが、全部の建物について2パターン見るのはかなり時間がかかりそう。

f:id:yukito_kurata:20170109145525j:image

東京駅も見ものだが、その横の国立博物館の映像も日本的で綺麗。

f:id:yukito_kurata:20170109145657j:image

(写真だとあまり伝わらず残念……)

 

ちょうどよい時間の使い方ができたなーって感じ。

『エンターテイナー』ブラナー・シアター・ライブ

ブラナー・シアター・ライブで『エンターテイナー』を観た。

廃れゆくミュージックホールのコメディアンの家族劇。


ほとんど一つの家族のメンバーしかキャラクターとして出てこないのに、当時のイギリスの社会問題が感じ取れる。
階級、貧困、差別、戦争……。
そして、それらは初演から50年以上経った今のイギリス、今の世界にも当てはまってくる。

 

最初は正直に言って登場人物たちの関係性がわからず……。そして、若干眠気に負けつつ。
でも、はっきりと筋をつかみ始めてからは面白く観れました。
酒を飲み、くだをまき、脈絡なく怒りだす登場人物たちにはあまり共感できず。
唯一、自立して考える娘のジーンが不憫。
途中で理不尽に当たり散らされたフィービーのために、なぜ家庭にとどまる選択をしたのか、正直に言って謎。
同じ女性として、学校に行けず、夫にも裏切られかけたフィービーを哀れんだのか……。
息子のフランクも今の家族を決してよく思っていないのに、色々溜め込んで父親についてそうで不憫。

 

全体的に決して快適とは言えなさそうなみんなが、それでも家族として共に生きようとするのはなぜなのか、考えてしまった。

アーチーの最後のショー、夢の中で男はなんと言ったのだろう?

原文にあたってゆっくり考えたいものだ。

『虚仮威』柿喰う客

虚仮威ってこう書くんだな……。
知らなかったわ。

 

女体シェイクスピア以外の柿喰う客はより久しぶり。

今回は大正というやけに賑やかで日本の文化と西洋の文化がぶつかり合ってるような時代での家族劇。
家族の形、自分の本当の望み、女性差別あたりがテーマになるのだろうか。
コミカルな演技とアクロバティックな身体表現は相変わらず見事。
ただ、そのあたりは楽しめたけど、ストーリーはそこまで心に刺さらず。

 

※ネタバレ注意

世界征服するとか言いつつ、そのために何か具体的にやってるわけでもなし。
サンタを捕まえるのも、結局サンタの目的もそこまで意外ではなく。
座敷童の話も嫌いじゃないけど、残念ながら扱いが軽く。
オチにあたる主人公の正体(?)もあまりびっくりもせず。
(ラストシーンでお父さんが「何が悪かったのだ?」と問うシーンでは思わず「いや、悪いのはお前だよ」と心の中でつっこんでしまった。)
一番最後の夫婦の話も、どっかで聞いたような話と思ってしまった。

 

強いて言えば、最後の父親からサンタへの宣言だけはちょっと面白かったかな。
親が子どものほしいものを一番わかる存在でありたいという宣言は、親になって子どもを育てている中屋敷さん自身の決意なのかな、なんて勝手なことを思った。

一つ一つのシーンは見応えがあるのだけど、全体としてのクライマックスにあまり乗れず、テーマが混在しすぎていてずっしり心にくるものは残らず。
そんな感じでした。

『RENT』20th Anniversary Tour

理屈抜きに最高。
2016年の締めくくりに見てきました。
なんでこんなにも心揺さぶられるかわからん。
言葉にならないほどに歌が好きで、Rentがかかった瞬間から涙が出そうになった。
Seasons of loveの素晴らしさは言うまでもなく。最高でした。

 

今まで割とスルーしてたけど、Goodbye Loveでの、ロジャーからマークへの叱責が胸に刺さったわ……。

Mark hides in his work
From facing your failure
Facing your loneliness,
Facing the fact you live a lie
(マークは仕事に隠れてる
自分の失敗から
自分の孤独から
自分が嘘ついて生きてるって事実から)

生で見ると所々でマークの孤独や情けなさが際立つ。
最後まで彼にパートナーはいないわけだけど、これからも生きていくはずの彼はきっと理想を語りながら共に生きる家族を見つけるんだろうな。そう信じたい。

 

群像劇なので当たり前なのかもしれないけど、1人が歌ってる歌でも、その場にいないだれかの心情にリンクしていくのが非常によい。
Without youとかはそれが顕著。

 

RENTのラストって何も解決されないっちゃされない。
ミミが一命をとりとめたとは言え、ウイルスは残ってるわけだし、ロジャーも同様にいうAIDSが発症してもおかしくない。マークは相変わらず1人。
でも、ロジャーはミミのために曲を一つ書き上げ、マークは自分の理想の映画を一本完成させる。
そうやって、自分の理想を求めつつ、その日その日を生きていく。
エピローグなどを用意せず、1年間の彼らだけを描くことで、未来も過去もない、ただ今だけがある、No day but today.の精神をきっちり見せてくれる。

 

あーーー、変なこと言おうとするのやめよう。
ともかく最高。